be A-live 第2月曜日           ナチュラルダイアリー     仁乃森 有香です     コーナーに関連したお話をこちらでもお伝えします。          
最新の記事
be A-live 
at 2015-04-28 08:40
Happy…いちご
at 2015-03-18 15:28
3月17日 「春イメージアッ..
at 2015-03-17 12:00
春はもうすぐ
at 2015-03-12 16:21
2月17日 「春先もアロマで..
at 2015-02-17 17:07
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
カテゴリ
全体
ごあいさつ
[be A-live] 
ナチュラルダイアリー
お知らせ
Peacuful Days
人気ジャンル
外部リンク
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧

10月15日 「ホームスパでご褒美タイム」
標高の高い山々では、紅葉の見ごろを迎えているそうで、週末には
ドライブや、いも煮会などお出かけになった方もいらっしゃるのではない
でしょうか。

秋は、暑くもなく寒すぎず、過ごしやすい季節ですよね。
夜の時間も長い秋、おうちで過ごす時間に、いつものお風呂に、一手間
かけて、ホームスパのお話をしました。

心地よい香りに包まれて、ご自分のこころとからだのご褒美時間です。


☆はなやかローズのバスソルト

ミネラルが豊富な天然塩に精油、ハーブの作用をプラスして、入浴用
バスソルトを作ります。

・作り方(1回分)

天然塩 30g (約大さじ 2)

精油 ゼラニウム 3-5滴

ドライハーブ(ローズピンク) 約大さじ1

・ガラスのボールなどの容器(容器はアロマ用に専用に準備してください)に、
天然塩を入れて精油を滴下し、よく混ぜ、ドライハーブを加えて軽く混ぜます。

ガーゼに包んで、ひもなどで結んで浴槽で使います。お茶(だし)パックにいれて
も便利です。

お姫様気分を味わいたい方は、そのままお風呂に使うと、花びらが浮かんで素敵
です。 (後片付けが少したいへんですが。。。)

・バスソルトを入れたお風呂は血行を促進します。半身浴がおすすめです。
肩からタオルをかけて冷やさないようにしてくださいね。


☆フェイシャルケア

・お風呂に入っている時間を利用して、半身浴しながら同時にお顔のケア。

・洗顔後のお肌に、植物油のホホバオイルを使ってマッサージします。
ホホバオイルは、アロマセラピーショップで手に入ります。 お持ちの方は、
小分け容器に入れてから、お風呂に持ち込むと使いやすいですよ。
旅行の時に使う、シャンプー用などの小さい容器が便利です。


・1回分ごとに使い切りのカプセルタイプの美容オイルもお風呂での使用には
おすすめです。
 

・少量を手に取って、全体にオイルをなじませたら、指に力を入れ過ぎず、
心地よい強さで行います。

・同時に、首もお手入れしましょう。

・植物オイルでマッサージの後は、そのまま自然になじみますので、洗顔の
必要はありません。

 
☆入浴後は、ハーブティでしっかり水分補給をして休息をしてください。

お好きな方は、ビールがおいしいと思いますが、きょうはガマンして頂いて
カラダを休ませましょう。
お休み前なので、リンデン、レモンバーベナ、ジャーマンカモミールなど
リラクゼーション作用のあるハーブティがおすすめです。


☆枕元にも、お好きな香りをおいて、ぐっすりとお休みください。




本日バスソルトでご紹介のゼラニウム精油は、ピンクの花が咲く
ハーブのゼラニウムから採られます。

a0270233_17585328.jpg


バラを思わせる甘い香り。他の精油とのブレンドの相性もよく、幅広い作用が
あります。1本お持ちになると使いやすいですよ。
[PR]
by naturadia | 2012-10-15 18:04 | ナチュラルダイアリー
<< 秋のアロマセラピー 見方を変えると… >>