be A-live 第2月曜日           ナチュラルダイアリー     仁乃森 有香です     コーナーに関連したお話をこちらでもお伝えします。          
最新の記事
be A-live 
at 2015-04-28 08:40
Happy…いちご
at 2015-03-18 15:28
3月17日 「春イメージアッ..
at 2015-03-17 12:00
春はもうすぐ
at 2015-03-12 16:21
2月17日 「春先もアロマで..
at 2015-02-17 17:07
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
カテゴリ
全体
ごあいさつ
[be A-live] 
ナチュラルダイアリー
お知らせ
Peacuful Days
その他のジャンル
外部リンク
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧

11月12日 「こころもあったかアロマケアオイル」
市街地の紅葉が鮮やかですが、風が冷たくなり、朝晩の冷え込みも厳しくなってきました。

これからの時期は、寒さで血流が滞り、手足の冷えや、肩コリに悩まされる方もいらっしゃると
思います。

冬至に向かって日照時間も短くなっていくこともあり、気持ちの面では、何となく淋しくなったり、
少しユウウツになったりすることも。。。

季節の影響を受けての自然な反応とはいえ、元気に乗り切りたいですよね。


☆ベルガモット精油 (Citrus belgamia)

 気持ちの落ち込みや憂うつな時に、おすすめの精油です。
 かんきつ系精油の中でも、リラックス特性に優れます。
 
 ティッシュペーパーや、コットンなどに数滴たらして、香りを楽しみます。
 外出時には、バッグやお洋服のポケットに入れて持ち歩いても。



☆アロマケアオイルでセルフマッサージ (冷えや肩こりに…)

 精油は、香りを楽しむ他にも、植物油などに希釈して、ボディケアなどに
 使うことができます。

 寒くなると血液循環が滞り、肩こりや足のむくみ、手足の冷えを強く感じますよね。。。  
 
ご自分の好きな香りを選んで、アロマケアオイルを作ってセルフマッサージで、
 解消しましょう。

 
 アロマセラピーの精油は、高濃度なので、そのままではお肌に使えません。
 そのため、希釈して使用します。

 希釈するオイルには、植物油を使います。このオイルをベースオイルやキャリアオイルと
 言います。
 オイルはアロマセラピーのお店でお求めになれます。数種類ありますが、ホホバオイルが
 特におすすめです。 
 ホホバオイルは、とても扱いやすく肌を保護する作用にも優れています。


☆アロマケアオイル作り

 20mlの遮光瓶  (数回分をまとめて作ります)

 ホホバオイル20mlをビーカーで計り、目的に合ったお好きな香りの精油を4滴まで垂らし、
 よくかき混ぜ、遮光瓶に保存します。

気になる部分に、心地よいと思う強さで、オイルを塗布してセルフマッサージします。


*ローズマリー精油 (Rosmarinus officinalis)
 
  血液循環を促して、体を温め活力を与えてくれます。
   (妊婦さん、高血圧の方は使えません)


*妊娠中の方や、療養中の方などは、使用できない精油もあります。十分にご注意ください。



☆マイナス感情をケアするフラワーレメディは、どなたにでも使えます☆

  
 これからの時期には、「マスタード」 わけもなく、憂うつになってしまうときに。


 他にも、不安になる、ガッカリしている、イライラする…などご自分のこころの状態に応じて
 お花のエッセンスを選んで使うことができます。

 フラワーレメディについては、またあらためてお話する予定です。5月のナチュラルダイアリー
 合わせてご覧くださいませ。
[PR]
by naturadia | 2012-11-14 10:05 | ナチュラルダイアリー
<< 天使のクローバー 来春に再会 >>