be A-live 第2月曜日           ナチュラルダイアリー     仁乃森 有香です     コーナーに関連したお話をこちらでもお伝えします。          
最新の記事
be A-live 
at 2015-04-28 08:40
Happy…いちご
at 2015-03-18 15:28
3月17日 「春イメージアッ..
at 2015-03-17 12:00
春はもうすぐ
at 2015-03-12 16:21
2月17日 「春先もアロマで..
at 2015-02-17 17:07
以前の記事
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
カテゴリ
全体
ごあいさつ
[be A-live] 
ナチュラルダイアリー
お知らせ
Peacuful Days
人気ジャンル
外部リンク
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
画像一覧

5月13日 フレッシュハーブのある暮らし
定禅寺通りのけやきも、目にやさしい新緑が日々成長中です。
過ごしやすい季節に、ハーブを植えて楽しみませんか?
今月は、アロマセラピーとともに、ナチュラルケアに欠かせないハーブの
お話をしました。

☆ハーブとは?

もともとは、ラテン語の「herba(エルバ)」=草という言葉に由来します。 
日本語では薬草、香草と訳されていますが、植物の中で、明確に分類の決まりはありません。
香りのあるものが多く、様々な有効成分を持ち、自然療法や暮らしの中で有用な植物としてとらえられています。

料理では、肉、魚の風味付けや臭み消しにつかわれていたり、ハーブバスソルトや石けんをはじめスキンケア、ポプリ、クラフト、ガーデニングなど暮らしの多くのシーンで利用されています。

取り入れやすく身近なところでは、ハーブティがおなじみだと思います。 ハーブティは、抗酸化作用などハーブの水溶性の有用な成分を利用したものです。

紫外線が最も気になるこの時期、ローズヒップティーがおすすめです。美容には欠かせない「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれるほど、天然のビタミンCがたっぷり。 ビタミンCは、コラーゲンの産生、シミ予防に必須ですので、ハーブティをおいしく頂きながら美しく!
 

☆フレッシュハーブ栽培

ハーブティは、ドライハーブでお求め頂けるので1年中楽しむことができますが、フレッシュハーブを育ててみませんか?

今の時期、ハーブを植えつけるのに最適な季節です。ローズマリー、セージ、ミント等ハーブは、丈夫な植物で手がかからないので、ベランダなど小さなスペースでもとても育てやすいです。

中でもおすすめは、ペパーミント、スペアミントなどミント類。 多少日当たりが良くなくても十分育ちます。

♪ミントの植えつけ

1・植木鉢の底の穴に、ネット(キッチン用の水切りネットでもOK)を敷きます。

2・水はけをよくするために、軽石などの鉢底石を底が隠れる位に敷きます。

3・草花用の栽培用土(肥料入りのものが手軽)を鉢に入れ、苗をビニールポットから取り出し、鉢の中に移します。 苗を取り出すときは、逆さまにして、ポットをはずすようにします。苗を無理に引き抜かないように!

4・苗と鉢の隙間に用土を入れていき、鉢の上部のふちから、株元と土の表面が2センチくらい下がるようにスペースをとります。(水やりの時あふれないようにするため)

5・最後にたっぷりと水をあたえる。

6.以降、鉢の表面が乾いてきたら、水やりをします。ミントは多少湿り気のある環境を好みますが、水のあげすぎには注意してください。


♪ミントの利用

・ミントは生育旺盛です。育ってきたら、下葉を数枚残して、上の葉から適宜摘み取って利用します。

・摘み取った葉を軽く洗い、お湯を注いでフレッシュハーブティーにします。フレッシュハーブのときは、ドライハーブの3倍くらいの葉を利用します。

・そのほか、紅茶やアイスクリームなどに添えたり、これから暑い季節には、冷水に入れてミント水に。

・植物を育てると、季節の小さな移り変わりを感じることができ、こころが穏やかになりますよ。

・小さい一鉢かもしれませんが、都市緑化にもつながり、何より自分で育てるとフレッシュな香りをいつでも楽しめます。


a0270233_1753732.jpg

(わが家のチューリップ、今年は長持ちしています。八重咲きで、華やかな印象の「アンジェリケ」です)

気温が低い日が多い今年の春、その分いつもの年よりも、花を楽しめる期間が長いですね。
県北部、登米市米山町の道の駅では、チューリップも見頃を迎えているそうです。一面に植えられた
チューリップきれいですね☆

a0270233_17152322.jpg


a0270233_17153686.jpg

[PR]
by naturadia | 2013-05-14 16:38 | ナチュラルダイアリー
<< 仙台けやき並木 やっと「5月」ですね >>